ウェブショップはこちら
0

    京都 ] 京都造形芸術大学で受講してみたいな


     

     

    今回、京都に行った時に、

    たまたま京都造形芸術大学の前を通った。

    通信講座もあるというので興味があった。

     

     

    もし、自分の人生がやり直すことがあったらどんな人生を歩むのだろう。

    自分の過去のどこかの時点で何かをしておけば良かったと考えたことがありますか。

    自分の人生に全く悔いはないけれど、

    こんなことができたらと思うことは多い。

     

    実は、私の昔からの知り合いで、ある大手の電機会社の外国為替部長を勤めた方がおられる。

    その方は、退職されてから、ある関西の芸術大学の大学院に入られて第二の人生を始められ、

    そして、本まで執筆されている。なかなかできることではない。

    その方と、暮にお会いしてインタビューをしてきたので、

    来月ぐらいには、皆さんに読んでもらえたらと思うので、しばし、お待ちを。

     

    私自身もこのブログで、色々な人と巡り合いお話を聞く機会が多いせいか、

    作品を作るという作業は一度はやってみたいと思う。

    そして、そういうことを学ぶのだったら京都がいいなと思う。

    なぜか、関東ではやりたくない。

     

     

     


    0

      京都 ] 万華鏡を英語で何というか知ってますか?


      JUGEMテーマ:京都

       

      万華鏡って最近のぞいたことありますか?

      長い筒状の中に、鏡と色のついた切りくずが入っいて、

      その筒を回すと中の切りくずが鏡に反射して

      ファンタジーなおもちゃである。

      小さいころ、長い時間をかけて見ていた記憶がある。

       

      そんな万華鏡をたくさん集めた万華鏡ミュージアムが京都にある。

      その名も京都万華鏡ミュージアム。

       

      京都万華鏡ミュージアム

       

      場所は、御池通と三条通に挟まれた姉小路にある。地下鉄烏丸尾池駅から歩いて3分。

      京都府京都市中京区 東洞院東入曇華院前町706ー3 姉小路通

       

      京都万華鏡ミュージアム

       

      ミュージアムの中の展示スペース狭いけれど、面白い万華鏡がたくさんある。

      そして、手作り体験教室、カフェ、お土産コーナーもある。

      大人でも300円で入れるので、ちょっと一休みにも使える。

       

      ところで、万華鏡というのは、英語で何というか知っていますか?

      kaleidoscopes といいます。

       

      「和紙はお好き?」では、型染紙を使った万華鏡を販売しています。

      上品な仕上げで、中に切りくずが入っていて動かすタイプではなく、

      外の景色を見てそれが動くような仕掛けです。

      値段も1200円(消費税前)とお手頃。

      夢のあるお洒落なおもちゃ、お孫さんの誕生日ギフトに如何でしょう?

       

       

      http://www.doyoulikewashi.com/?pid=115274524

       

      万華鏡・Kaleidescopes

       


      0

        京都 ] 京都で天ぷら食べたよ


         

        JUGEMテーマ:京都

         

         

        旅先では、ハプニングが起こるものですが、、、

         

        実は、昨年の暮といっても、10日ほど前のことですが、

        予約を入れておいた京都の八坂の天ぷら屋さんに、車で向かっていました。

        場所がよく分からないので、お店に電話して聞こうということになり、

        ささっとGOOGLEで、京都の天ぷら屋さんと検索をしてみると、

        行こうとしていたお店の広告が出ていたので、

        連れが、電話。

        「祇園の花見小路通りの建仁寺のそばです。」

         

        この花見小路通りというのが、実に、インターナショナルの町になっていて、

        外国人が溢れている。近くの駐車場に車を止めて歩きはじめるけれど、

        目指すお店がない。しょうがないので、もう一度お店に電話。

        すると、何と、お店の人が通りまで迎えにきてくれた。

        しかし、話を聞いていると、予約していたお店と違うのです。

        どうやら、電話をするときにこちらが間違えたらしい。

        ま、しかし、これも何かの縁。

         

        それで、迎えに出てくれたこのお店の人に連れられて入ったのが、

        「天宗」という実に素敵なお店。

         

        だいたい、祇園辺りの食べるところって、実に入りづらいのです。

        馴染みがなければ、断られそうで。

        でも今回は、お店の人の勘違いというより、こちらの間違い。

        席が空いているかどうか心配になりましたが、

        ちょうど、前のお客さんが出るところ。

         

        ランチは、3000円か5000円のコースでしたが、

        ここは、奮発して5000円コース。

         

        一品ずつ出してくれます。

         

        目の前で揚げてくれて、この値段なら悪くないし、

        揚げ方も素晴らしい。

        聞かなかったけれど、油も良いのでしょう。

        実に、満足。

        エビの軽い仕上がり。

        ブリは、大根おろしに大葉を刻んだのでタレはかけてくれます。

         

        お店の雰囲気もよく、

        カウンター席はちょうどいっぱい。

         

        間違えて電話して良かったです。

         


        0

          京都 ] 護王神社は足腰の守り


          JUGEMテーマ:京都

           

           

          京都の烏丸通で、丸太町通から今出川通までの間に、

          護王神社というのがある。

          和気清麻呂にゆかりの神社だという。

           

          拝殿の前には、狛犬の代わりに雌雄一対のイノシシがあり、

          来年の干支がイノシシであり、神社側も気合が入っているように思う。

          烏丸通から入ってきた正面には、イノシシの開運の大きな絵馬が飾ってある。

           

           

          また、清麻呂公の像の後ろには、君が代に歌われているさざれ石がある。

           

          この護王神社の特徴のもう一つは、毎月21日に足腰祭を斉行している。

          管理人一家は、本人がぎっくり腰の発作を産まれて初めて経験。

          そして、女房殿は、転倒から腰を強打しての坐骨神経痛を発生するなど、

          足腰の健康の大切さを痛感した一年だった。

          お守りを買って、足腰安全を祈願させていただいた。

           

          イノシシが守り神ということもあって、

          何かユーモラスな神社で、思わず、笑みが浮かんでしまう神社だ。

          足腰の弱い人にも大丈夫なように、

          坂はなく、広さもなく、すべてが凝縮されている神社だ。

           

           


          0

            京都 ] 京都国際マンガミュージアムって?


            JUGEMテーマ:旅行

             

             

            京都にあるこのミュージアム、

            京都旅行するたびに気になって存在だったけれど、

            今回、初めて訪れてみた。

            びっくりしたのは、外国人の訪問者が多いこと。

            日本のマンガが世界をリードしているというのは知識としては分かっていたが、

            半数近くが外国人(アジアからだけではなく欧米人もほぼ同数)

             

            京都国際マンガミュージアム

             

            前は小学校だったか、中学校だったかの建物を有効活用した建物。

            京都国際マンガミュージアム

             

             

            戦前や、戦後直後のマンガも置いてあり、

            訪問者は、手に取って読むことができる。

            そう、これも京都。

            お寺や神社で歴史散歩をするもよし、

            祇園近くでグルメ旅行をしてもよし、

            そんな中、

            和紙や和雑貨の店を三条あたりでちらほらと覗いていくのも楽しい。

            こういう風に、古い環境の中に、新しいものを取り込んでいる京都という町は面白い。

            京都国際マンガミュージアム


            0

              京都 ] 曼珠院(まんじゅいん)


              JUGEMテーマ:京都

               

               

              詩仙堂から歩いて15-20分ぐらいのところにある曼珠院。

              入り口からは考えられない素敵な建築である。

               

               

              詩仙堂の庭や建物が小ぶりなのに比べると、

              こちらは、より広い。

              どちらが好きかは、人それぞれ。

              外国からの賓客や皇族などもよく訪れていた。

              天台宗の寺院である。部屋の中に、

              国宝や仏像などが数多く飾ってある。

               

              また、足利尊氏の書簡をはじめ、興味深いものが展示されている。

               

              詩仙堂とセットにしても良し、

              修学院の見学を申し込んで、この一乗寺あたりを散策するもよし。

              楽しい歴史散歩ができるところである。

               


              0

                京都 ] 詩仙堂の朝のひと時


                JUGEMテーマ:京都

                 

                京都の左京区、東側の一乗寺や修学院に近いところにある寺。

                1641年に石川丈山という徳川家の家臣が建てた山荘であった。

                そして、現在は、丈山寺という曹洞宗の寺である。

                詩仙堂入り口

                 

                朝、陽が出てしばらくしてから訪れた。

                幸い、訪れた人はまだ誰もおらず、静かな空間と雰囲気、そして、書や宝物を

                完全に独占することができた。

                詩仙堂

                庭の奥からは、鹿威しの硬い音が時々響いてくる。

                 

                庭木には、露が凍らずに垂れていて、雨樋からは水蒸気が昇ってくる。

                 

                自分たちが訪れたのは午前9時過ぎだったが、

                真冬ということもあって、人がいなかった。

                秋には相当混雑もするらしい。

                紅葉の美しさは想像するよりほかはないが、

                混雑したところを見た人には、今日の静けさは想像できないのでは。


                0

                  京都 ] 京都の洋食ならやはり「はふう」


                  JUGEMテーマ:京都

                   

                  今回は、「はふう」の聖護院近くの店に行った。

                  基本的な料理は同じとのこと。

                  本店が水曜日は休みだが、聖護院店は水曜日はやっている。

                   

                  はふう

                   

                  はふうには、京都に来るたびに行ってみるが、

                  オーダーするのは、いつも

                  ビーフカツか、タンシチュウ。

                  今回は、タンシチュウ。

                  はふう

                   

                  ちょっと上品すぎるのがたまにきずだけれど。

                  お勧めです。

                   

                  http://hafuu.com/store_shogoin.html

                   


                  0

                    京都 ] 南禅寺とは?


                     

                    JUGEMテーマ:京都

                     

                    今回、京都を取り上げて、約2週間。お付き合いしていただいて、本当にありがとうございました。今日は、その最後として、南禅寺を取り上げようと思います。なお、この後は、予定としてインタビューを年末から年始に向けて掲載する予定です。

                    当ブログは、「和紙はお好き?」というショッピングサイトのブログですが、実は、商品の紹介よりも、色々な方のインタビュー、旅行、美術館巡り、グルメ、それと和紙の産地の紹介など、普段、簡単には接することができない日本の文化にハイライトを当てています。

                     

                    南禅寺は、京都五山、鎌倉五山の上におかれている別格の寺院です。臨済宗南禅寺派の大本山です。ちなみに、京都五山とは、一位から天竜寺、相国寺、建仁寺、東福寺、万寿寺という足利幕府が定めた禅寺のヒエルキです。一方、鎌倉五山は、一位から建長寺、円覚寺、寿福寺、浄智寺、浄明寺と、こちらは、鎌倉時代に北条時頼が臨済宗の中でヒエルキーをつけたものです。

                     

                    南禅寺を有名にしているのは、五山の上にある別格の寺院ということだけではなく、その雄大な山門、周りに点在する湯豆腐の店、疎水を運ぶ水路閣、そして哲学の道の起点(終点)ということではないでしょうか。

                     


                    巨大な山門は、上の階に人が登れます。観光客で賑わっています。

                     

                    一方、入り口は、割とおとなしい。

                    Nanzenji Temple

                    そして、広大な庭。

                    なお、ここ南禅寺は、ワンコたちが入れます。

                    実に、おおらかなお寺です。さすが、別格!

                    ここの良さは、この広大な中央部分を歩いている限り、入場料が無いことです。

                    塔頭については、全部が全部見れるわけではないですし、それなりに、入場料は払わないといけないようです。

                     

                    そして、昨日も紹介しましたが、敷地の右奥を通っている琵琶湖疎水の水路閣。

                    琵琶湖疎水というのは良く耳にすることばですが、

                    琵琶湖の水を京都に運ぶために、明治時代に行われた土木工事です。

                    滋賀県大津で取水された水は、飲料水、水力発電、灌漑用水などとして使われ、

                    以前は、船を通すほどであったそうです。

                    水路閣の下は、映画やドラマの一風景としても良く使われています。

                    この水路閣を南禅寺の敷地を通すことには、相当反対もあったとのこと。

                    確かに、禅寺の敷地にはそぐわないものだったのでしょうが、

                    できてから100年以上も経った現在では、逆に、趣きがあります。

                    こういう新旧の共存というのが、京都という町の魅力の一つ。

                    建てる時に猛反対の起こった京都タワーも、今では、町の風景に溶け込んでいるのかもしれません。

                     

                    さて、これで、今回の京都の特集は終わります。次回、京都に行くときは、市内だけでなく、

                    もう少し足を広げて、普段行かない京都をカバーしてみようと思います。早くて、来年の4月ぐらいでしょうか。


                    0

                      京都 ] 冬の午後のひと時の京都御苑の木漏れ日、


                      JUGEMテーマ:マルチーズ Maltese

                       

                      京都で、心おきなく犬の散歩ができるのは、

                      京都御所がある御苑です。

                      京都御苑

                      うちのチャンプもシャロンも、それが分かるのか、

                      御苑での散歩が一番喜びました。

                      街中だと、割と狭い路地でも、車が入ってくるし、

                      神社や寺院は入れるところが限られているし、

                      それに比べると、殆ど、制限がなく、

                      森もあるし、道は広いし、車は入ってこないし、

                      平らだし、最高の環境です。

                       

                      広い砂利道も最高。

                      とにかく、車が来ない。

                      京都御苑

                      御所の周りの森は最高。

                      木漏れ日。

                      京都御苑

                      右に、左に走り回り。

                      京都御苑

                      さすがに、御所の中は入れないけれど、

                      それも、全く気にならなかったです。

                       

                      平安京ができて以来、

                      幾多の歴史の舞台となった京都御所。

                      そう思いながらも、楽しませてもらった冬の午後でした。


                      top << | 1 2 3 4 | >> last

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>

                      latest entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode