ウェブショップはこちら
0

    にっぽん祭り折り紙 ] 12月のお祭りは「男鹿のナマハゲ」


    先日、仮面や仮装をした日本各地の伝統行事10件が、ユネスコ無形文化遺産に登録されることが決まりましたね!

    その中には秋田県の「男鹿のナマハゲ」も!

     

    にっぽん祭り折り紙の秋田県は、「男鹿のナマハゲ」が代表のデザインになっています。

     

    にっぽん祭り折り紙:5秋田 男鹿のナマハゲ)

     

    男鹿のナマハゲは、毎年大晦日、12月31日に男鹿半島で行われます。

    みなさんご存知の通り、鬼のような怒った形相の仮面を被り、藁のミノを身にまとったナマハゲが、手に木製の出刃包丁を持って「怠け者はいねが。泣く子はいねが」と各家庭にこつぜんと現れます。

    ナマハゲは神々の使者として信じられているそうで、怠け者を戒め、厄災を祓い、豊作・豊漁・吉事をもたらす来訪神です。(『なまはげ館』より)

     

    その歴史は、江戸時代に書かれた「牡鹿乃寒かぜ」に登場する男鹿のナマハゲが最古だそうです。

    (『男鹿のナマハゲ』より)

     

    ユネスコ無形文化遺産に登録が決まり、その際にニュースを見ていましたが、なり手不足が懸念されていました。

    そして、ナマハゲも訪問して良い家とそうでない家を事前に調査し、当日家に入る前には「入ります」と一言承諾を得るとか。

    伝統ある大切な行事も時代に合わせて変化をしなければならないのだな、と勉強になりました。

     

    男鹿観光協会のサイトで、この様なイベントを発見しました!

    市職員によるナマハゲ行事と年末感謝際が開催されるそうです。

     

    詳細はこちらより:https://oganavi.com/news/2018/12/03191541/

     

    無形文化遺産の影響か、「男鹿のナマハゲを体験するプレミアムツアー」もありましたが、既にそちらは完売だそうです。

     

    また、なまはげ館では110体のなまはげが展示されているそうで、ナマハゲ変身コーナーもあるそうですよ。

    (画像はなまはげ館より)

     

     

    平成最後の年末は男鹿のナマハゲに会いにいかれてみてはいかがでしょうか?

     

     

    にっぽん祭り折り紙

    秋田県は男鹿のナマハゲがデザインされている「にっぽん祭り折り紙」は、47都道府県をデザインした折り紙です。それぞれの県から代表的なお祭りが、折り紙に描かれています。都道府県47柄とおまけ柄1枚。さてあなたの県はどのお祭りが代表になっているでしょう?詳細、お求めはこちらより。

     

    JUGEMテーマ:祭り情報!!


    0

      にっぽん祭り折り紙 ] 11月のお祭りは佐賀県「41唐津くんち」でした


      「祭り」と聞くと、法被や浴衣に金魚すくい・・・など夏祭りを一番に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

       

      ところが、日本では一年中どこかでお祭りが開催されています。

       

      何百年以上も続く伝統的な例大祭から、各地で大切に守り受け継がれてきた舞や祭囃子など、日本全国で何百万にもその総数はのぼるそうです。

       

      そして、地域によってその個性もいろいろ。

       

      祭りは、魅力にあふれています。

       

      四季を感じ行事を大切にする日本人のこころが表れています。

       

      日本人が大切にしてきた祭りを、「にっぽん祭り折り紙」と共に、みなさんに今後少しずつブログでご紹介していこうと思います。

       

       

      41唐津くんち

      開催日:毎年11月2、3、4日

       

      佐賀県唐津市にある唐津神社の秋季例大祭です。平成27年にユネスコ無形文化遺産に登録されています。「くんち」とは「供日」とも書き、収穫を感謝する意が込められているそう。ちなみに「くんち」は九州北部で秋祭りを意味するそうです。他には、長崎くんち、博多くんちなども有名ですね。

       

      歴史と曳山

      唐津神社によると、神輿の御神幸は寛文年間に始まったそうで・・・ざっと数えても、少なくとも300年以上の歴史があることが分かります。唐津くんちと言えば、そう曳山(やま)です!今日のように曳山が登場するのは、一番曳山の「赤獅子(あかじし)」が文政2年(1819年)に奉納されてからだそうです。

       

      筆者が「唐津くんち」と聞いて、一番に思い浮かべたのはこの鯛の曳山。

      にっぽん祭り折り紙

       

      全部で14台(14町会に一つずつ)あり、制作年代順で番号がついているそう。先に述べた赤獅子は1819年に最初に製作されたため一番曳山、鯛は1845年に製作され5番目なので五番曳山。他には、亀と浦島太郎(三番曳山)や武田信玄や上杉謙信の兜(九、十番曳山)、飛龍(七番曳山)や金獅子(八番曳山)など。(各曳山について詳しくは:Wikipedia 

       

       

      宵山は工芸品

      曳山は「エンヤ、エンヤ」「ヨイサ、ヨイサ」の掛け声とともに旧城下町を練り歩き、唐津神社境内前に14台が勢揃いします。煌びやかで、14台揃うとどこかマスコットの様な愛らしさもある曳山ですが、どれも漆塗りで現代の価値だと1台1億5千万円にもなる工芸品なのです。宵山の、獅子や兜、鯛、などを形どった原型に和紙を幾重にも貼り合わせて、その上から麻布を貼り、漆を数十回塗り重ねて金箔や銀箔で細工を施している、乾漆造(かんしつづくり)と呼ばれる美術工芸品です。漆工芸品としては世界最大級になるそう。その曳山は20〜30年に1度、塗り替えや修復を行い、その技法と氏子たちの思いが引き継がれています。

       

      くんち料理

      名物は宵山だけではありません。各家庭では、「くんち料理」が振舞われるそうで、何人来ても大丈夫なように用意する大量のご馳走は圧巻!美味しそうなご馳走の模様は、下記よりご覧になってみてください。

      くんち料理:https://www.karatsu-kankou.jp/feature/karatsukunchi/#cookingLink

       

      唐津くんちを逃してしまった方

      唐津くんちが終わると14台の曳山は、唐津神社隣にある曳山展示場に展示されます。ぜひお出かけになってみてはいかがでしょうか。

      曳山展示場

      住所/唐津市西城内6番33号 TEL/0955-73-4361 FAX/0955-73-4361

      HP:http://www.karatsu-bunka.or.jp/hikiyama.html

       

       

      にっぽん祭り折り紙

      佐賀県は唐津くんちがデザインされている「にっぽん祭り折り紙」は、47都道府県をデザインした折り紙です。それぞれの県から代表的なお祭りが、折り紙に描かれています。都道府県47柄とおまけ柄1枚。さてあなたの県はどのお祭りが代表になっているでしょう?詳細、お求めはこちらより。

        

       

       

       

       

       

      JUGEMテーマ:祭り情報!


      top << | 1 | >> last

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      latest entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode