ウェブショップはこちら
0

    きょうと折り紙 ] 今年の漢字は「災」


    先週12日、1年の世相を表す「今年の漢字」に「災」が選ばれ、発表がありましたね。

     

    「災」が選ばれたのは2004年以来14年ぶりで、2回目になるそうです。

     

    応募総数19万3214票のうち2万858票を集め、2位は「平」で1万6117票、3位は「終」で1万1013票だったそうです。

    公益財団法人 日本漢字能力検定協会より)

     

    今年1年の天災・・・北海道と大阪北部地震、西日本豪雨などが鮮明に脳裏をよぎるのと同時に、あくまで個人的にですが、ネガティブな意味を持つ漢字も選ばれるのだなぁ、と少し驚きました。

     

    きょうと折り紙】には、「今年の漢字」が発表される清水寺のデザインも入っています♪

    きょうと折り紙 清水寺)

    夕暮れどきの清水の舞台にうっとりします。

     

    「今年の漢字」は1995年に始まり、24回目になるそうです。

     

    ちなみに、みなさん去年の「今年の漢字」は覚えていますか?―「北」でした。

     

    筆者は清水寺の奥の院の舞台で、貫主さんが大型の越前和紙に力強く揮毫する姿を見て、やっと年末の感じがしてきました。

     

    今年は本堂が改修のために奥の院だったそうで、清水寺では12月21日まで「今年の漢字」が見られるそうですよ。

    (画像は清水寺HPより)

     

    この時期は、寺社仏閣が特別拝観になるところもあるそうで、正月準備で賑わう錦市場など、師走ならではの風情が味わえる京都も、いつか一度訪れてみたいと思いました。

     

     

    きょうと折り紙

    京都の名所や歴史・文化など、四季が織り成す京都が折り紙になっている「きょうと折り紙」。詳細とお求めはこちらからどうぞ。

     

     

    JUGEMテーマ:京都


    0

      にっぽん折り紙 ] かねふく「めんたいパーク」が伊豆にオープン!


      明太子と言えば・・・

       

      おにぎりの具やパスタにもよく合いますし、今の時期はお歳暮としてもよく見かけ、日本の食卓では大変馴染みのある一品ではないでしょうか。

       

      こうして一年中親しまれていますが、実は国産明太子の旬は冬だとご存知ですか?

       

      明太子といえば福岡県!

       

      にっぽん折り紙】の福岡県は明太子が、素敵にデザインされています♪

      にっぽん折り紙:40福岡 めんたいこ)

       

      明太子は命だ!」の明太子辞典によると、11・12・1月の三ヶ月間が、明太子の原料であるスケトウダラの産卵期にあたるそうで、その中でも特に12月に漁獲されるスケトウダラの卵は1年で1番大きく、皮も薄くなり美味しいそうです。

       

       

      明太子といえば・・・最近「きよ〜し、いちお〜し♪」の、氷川きよしさんが出演されている、かねふくのCMをよく見かけますよね!

       

      「株式会社 かねふく」は、1971年創業の福岡県福岡市東区に本社を置き、辛子明太子の製造販売を行っています。

       

      つい先日、12月13日に以前こちらのブログでもご紹介した「かんなみ仏の里美術館」がある静岡県函南町に、「めんたいパーク伊豆」がオープンしました。

      (画像はめんたいパーク伊豆より)

       

       

      めんたいパークは、かねふくが運営する明太子専門のテーマパーク。

       

      「めんたいパーク伊豆」は国内で5箇所目になります。

       

      工場見学やめんたいこについて楽しく学べるコーナーがあり、フードコートでは明太ジャンボおにぎりなどの明太子グルメが味わえ、直売所ではできたての明太子が購入できるそうです。

      (画像はめんたいパーク伊豆より)

       

      めんたいパーク伊豆

      静岡県田方郡函南町塚本753-1

      伊豆ゲートウェイ函南のとなり

      TEL: 055-928-9012

      入場料: 無料

      駐車場:180台

      HP:https://mentai-park.com/park/izu/

      *地図やパーク詳細はHPをご確認ください

       

      東名高速道路からもアクセスが良く、周辺には「かんなみ仏の里美術館」や静岡県といえば人気のハンバーグ店「炭焼きレストランさわやか」(11月オープンしました)もありますよ。

       

      「めんたいパーク伊豆」があるこの地域は、東京2020オリンピックの自転車競技が開催される会場への通り道となりますので、今後混雑が予測されます。

       

      ぜひ混雑前に一度訪れてみてはいかがでしょう?

       

       

      にっぽん折り紙

      47都道府県をデザインした可愛い折り紙です。内容は47都道府県と富士山の折り紙。さて、あなたの県はどんなデザインでしょう?詳細とお求めはこちら

       

       

      JUGEMテーマ:静岡県東部エリア情報(沼津市・三島市・裾野市・駿東郡長泉町・駿東郡清水市)


      0

        季節の話 ] 関東一早いだるま市で福を呼ぶ準備もいち早く!


        だるま市と聞くと、年が明けてからのイメージがありますが、関東一早いだるま市をみなさんご存知ですか?

        (画像は小田原市「飯泉観音だるま市(毎年12月17日、18日) 」より)

         

        小田原市にある飯泉山勝福寺(飯泉観音)では、関東で一番早くだるま市が開催されます。

         

        このだるま市が開催される飯泉山勝福寺は、坂東三十三観音の五番札所として有名で、400年も昔からだるま市が開かれ、今日まで続いているそうです。

        (画像は小田原市の「小田原デジタルアーカイブ 小田原写真館 だるま市」より)

        昭和52年に撮影された、だるま市の様子。

         

        筆者も数年前に行ったことがありますが、境内にはだるまを売る店が立ち並び、だるまを購入するとその場でお店の方が、威勢の良い声と手拍子でだるまに魂を吹き込んでくれます。

         

        そして、本堂では片目を入れてもらえます。

         

        だるまは七転び八起きの精神を表現したもので、その精神にあやかり今日は縁起物として親しまれていますね。

         

        商売を営む人はもちろん、無病息災・家内安全を願う多くの家族づれが、飯泉山勝福寺にだるまを求めに訪れ、年末の風物詩になっています。

         

        比較的このお寺周辺は普段静かな印象だったので、筆者もその賑わいに驚き、年末の雰囲気と新年を迎える準備で人々が福を求め賑わう様子は、とても日本らしいと感じたのを覚えています。

         

        だるまの他にも、熊手や福笹などの縁起物の飾りなども売られ、境内周辺には多くの屋台が出て、とても賑わいます。

         

        今週末あなたも関東一早いだるま市へ、出かけてみませんか?

         

        古いだるまの供養もお忘れなく!

         

         

        飯泉観音だるま市

        【開催期間】

        12月17日10時〜22時頃まで 

        12月18日9時〜正午過ぎまで

         

        【場所】

        飯泉山勝福寺  

        〒250-0863  神奈川県小田原市飯泉1161

        TEL: 0465-47-3413

         

        【アクセス】

        車:小田原厚木道路小田原東ICから約5分。※だるま市期間中の駐車場は酒匂川の東側河川敷に臨時駐車場ができます。

         

        バス:JR小田原駅から新松田駅行きの富士急バスで約20分、「飯泉観音前」下車徒歩すぐ。※17日16時から22時は交通規制のため路線バスは「飯泉橋」から迂回

         

        徒歩:小田急足柄駅から徒歩約20分。

         

         

         

        JUGEMテーマ:おでかけ・散歩


        0

          にっぽん折り紙 ] 縄文時代からフグは食べられていた!


          忘年会シーズン真っ只中!

           

          今年は暖冬のせいか、鍋料理屋さんの予約が例年より取りやすい様です。

           

          ふぐも旬を迎えています♪

          高級なイメージのふぐですが、近年ではリーズナブルに食べられるお店が増えていますね。

           

          ふぐと言えば、下関!【にっぽん折り紙】の山口県のデザインはフグがデザインされています♪

           

          にっぽん折り紙:35山口 ふぐ)

          ぷっくり愛嬌あるふぐが可愛らしくデザインされています。

           

          日本でふぐは既に縄文時代に食べられていたそうです。

           

          縄文時代の貝塚からふぐの歯骨が見つかっているそうです。また、平安時代の本草書である本草和名にも「布久」という名称でふぐが登場します。(ふぐ料理の歴史 春帆楼より)

           

          ふぐの旬は、一般的に「秋は彼岸から春の彼岸まで」といわれているそうで、最もおいしいのが11月下旬〜2月下旬まで。夏は毒性が強くなるので調理をさけられているそうです。(ふぐの豆知識 日本料理藤吉より)

           

          ふぐの豆知識を配信されている「日本料理 藤吉」さんのブログでは、ふぐの栄養や歴史といった豆知識から、レシピにふぐのことわざまで、ふぐに関するコンテンツが充実しています♪ふぐが身近に感じられ、楽しいです。

          ふぐの豆知識https://www.fujiyoshi-group.com/fuguinfo/

           

           

          欧米ではふぐは猛毒があるため調理して食べるという文化がありませんが、それを安全に調理できるというのは、和食の技術があってこそだと思います。

           

          名店からリーズナブルなお店、はたまたネットでお取り寄せもでき、近年流通が発達したことでふぐをより私たちは楽しめるようになりました。

           

          今年の忘年会、新年会は、旬のふぐいかがでしょう?

           

           

          にっぽん折り紙

           

          47都道府県をデザインした可愛い折り紙です。内容は47都道府県と富士山の折り紙。さて、あなたの県はどんなデザインでしょう?詳細とお求めはこちら

           

           

          JUGEMテーマ:折り紙


          0

            角皿(ご当地) ] みかんのスジあなたは食べますか?


            みかんが美味しい季節になりましたね♪

             

            みかんといえば静岡に愛媛!【角皿(ご当地)】の愛媛県はみかんのデザインです。

            角皿(ご当地):愛媛 )

            みずみずしいみかんが可愛らしくデザインされています。

             

            日本の冬は「こたつにみかん」が定番♪

             

            冬になると食べたくなるみかんですが、驚きの健康効果もあるそうですよ。

             

            みかんにはビタミンCが多く含まれています。ビタミンCは疲労回復、美肌、冬の風邪予防に効果があるといわれています。

            一般成人の場合、一日に100mgのビタミンCを必要としますが、ミカンの場合は3〜4個でこの必要量を満たすことができるそうです。(ミカンと健康 JAみっかびより)

             

            そして注目すべきはビタミンP!

             

            ビタミンPはヘスペリジンという成分のことです。みかんのスジに含まれています。このヘスペリジンは毛細血管をしなやかに強くし、血中の中性脂肪を下げるなど、脳卒中予防に効果があると言われています。(グリコ健康科学研究所より)

             

            みかんを食べる際に話題に上る「みかんの白いスジ」問題ですが、健康を考えると、スジを食べないなんてもったいないですね。

             

            今年の冬はぜひ、こたつに入りながら、みかんのスジは取らずにいかがでしょう?

             

             

             

             

            角皿(ご当地)

            47都道府県をデザインした可愛い折り紙「にっぽん折り紙」が角皿になりました!47都道府県と富士山柄。さて、あなたの県はどんなデザインでしょう?角皿は撥水加工を施した紙のお皿です。5点以上お求めの方には20%割引とさせていただく“まとめ買い対応商品”です!詳細とお求めはこちらより。

            JUGEMテーマ:健康


            0

              にっぽん祭り折り紙 ] 12月のお祭りは「男鹿のナマハゲ」


              先日、仮面や仮装をした日本各地の伝統行事10件が、ユネスコ無形文化遺産に登録されることが決まりましたね!

              その中には秋田県の「男鹿のナマハゲ」も!

               

              にっぽん祭り折り紙の秋田県は、「男鹿のナマハゲ」が代表のデザインになっています。

               

              にっぽん祭り折り紙:5秋田 男鹿のナマハゲ)

               

              男鹿のナマハゲは、毎年大晦日、12月31日に男鹿半島で行われます。

              みなさんご存知の通り、鬼のような怒った形相の仮面を被り、藁のミノを身にまとったナマハゲが、手に木製の出刃包丁を持って「怠け者はいねが。泣く子はいねが」と各家庭にこつぜんと現れます。

              ナマハゲは神々の使者として信じられているそうで、怠け者を戒め、厄災を祓い、豊作・豊漁・吉事をもたらす来訪神です。(『なまはげ館』より)

               

              その歴史は、江戸時代に書かれた「牡鹿乃寒かぜ」に登場する男鹿のナマハゲが最古だそうです。

              (『男鹿のナマハゲ』より)

               

              ユネスコ無形文化遺産に登録が決まり、その際にニュースを見ていましたが、なり手不足が懸念されていました。

              そして、ナマハゲも訪問して良い家とそうでない家を事前に調査し、当日家に入る前には「入ります」と一言承諾を得るとか。

              伝統ある大切な行事も時代に合わせて変化をしなければならないのだな、と勉強になりました。

               

              男鹿観光協会のサイトで、この様なイベントを発見しました!

              市職員によるナマハゲ行事と年末感謝際が開催されるそうです。

               

              詳細はこちらより:https://oganavi.com/news/2018/12/03191541/

               

              無形文化遺産の影響か、「男鹿のナマハゲを体験するプレミアムツアー」もありましたが、既にそちらは完売だそうです。

               

              また、なまはげ館では110体のなまはげが展示されているそうで、ナマハゲ変身コーナーもあるそうですよ。

              (画像はなまはげ館より)

               

               

              平成最後の年末は男鹿のナマハゲに会いにいかれてみてはいかがでしょうか?

               

               

              にっぽん祭り折り紙

              秋田県は男鹿のナマハゲがデザインされている「にっぽん祭り折り紙」は、47都道府県をデザインした折り紙です。それぞれの県から代表的なお祭りが、折り紙に描かれています。都道府県47柄とおまけ柄1枚。さてあなたの県はどのお祭りが代表になっているでしょう?詳細、お求めはこちらより。

               

              JUGEMテーマ:祭り情報!!


              0

                にっぽん折り紙 ] 本州でも初雪観測!


                12月が始まりました。北海道につづき、先月11月22日には秋田を含む本州でも初雪が観測されましたね。

                 

                にっぽん折り紙の秋田県のデザインは、横手城とかまくらに、雪がしんしんと降る様子が可愛らしく描かれています♪

                にっぽん折り紙:5秋田 横手のかまくら)

                 

                横手市の「かまくら」は約450年以上の歴史をもつ、小正月に行う民俗行事です。

                 

                毎年2月に「横手の雪まつり」が開催され、開催期間中の15・16日には約100基の大きなかまくらと無数のミニかまくらに灯がともり、街を彩ります。

                 

                かまくらの中では、奥に水神様を祀り、お神酒、甘酒、お餅などを供え、地元の子どもたちが道行く人をかまくらの中へ招きいれ、甘酒や焼いた餅がふるまわれるそうです。

                (画像はぐるたびより:https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_1543/

                 

                お祭り期間中は巡回バスが運行され、かまくら体験、ミニかまくら作り体験などもできます。

                 

                【雪まつり「かまくら」詳細】

                横手観光協会:https://www.yokotekamakura.com/01_event/04_winter/kamakura_kaisai.html​

                 

                来年の2月、伝統的な横手のかまくら体験はいかがでしょう?横手を訪れる際には、ご当地グルメの横手やきそばもお忘れなく♪

                 

                 

                 

                にっぽん折り紙

                47都道府県をデザインした可愛い折り紙です。内容は47都道府県と富士山の折り紙。さて、あなたの県はどんなデザインでしょう?詳細とお求めはこちら

                 

                JUGEMテーマ:祭り情報!!


                0

                  きょうと折り紙 ] 京都では紅葉が見頃!


                  京都では紅葉が見頃を迎え、連日多くの観光客で賑わっているそうです。

                   

                  京都の名所や歴史・文化など、四季が織り成す京都が折り紙になっている「きょうと折り紙」には紅葉のデザインの折り紙も含まれています♪

                  きょうと折り紙:紅葉)

                  京都の名所が紅葉の中に佇んでいます♪

                   

                  日本庭園や寺社を彩る美しい紅葉は、とても風情があるのだろうなぁ、と思い行ってみたい一方で、京都通の知人によると大変な渋滞だと聞きます。

                  きょうと折り紙:石庭)

                   

                  そんな知人から「嵐山快適観光ナビ」という便利なサイトを教えてもらいました。混雑状況が分かり、エリア一覧では地図上に色で示されていて、混雑状況が一目で分かるようになっています。

                  「嵐山快適観光ナビ」:https://arashiyama.fun/index.html​

                   

                  せっかくの旅も行列や渋滞で時間を取られてしまうと散々に・・・少しでも快適に過ごせるように、もし京都を訪れる際は使ってみてはいかがでしょうか。

                   

                   

                  近年日本人だけではなく、海外からの観光客も大勢訪れる京都。市民生活への影響も出始め、対応が追いつかない状況だそうで、「オーバーツーリズム」が危ぶまれています。先日開催が決定した2025年大阪万博の際にはどうなってしまうのだろう・・・と、きょうと折り紙の紅葉を眺めながら、少し心配にもなりました。

                   

                   

                   

                   

                  きょうと折り紙

                  京都の名所や歴史・文化など、四季が織り成す京都が折り紙になっている「きょうと折り紙」。詳細とお求めはこちらからどうぞ。

                   

                   

                  JUGEMテーマ:京都


                  0

                    にっぽん折り紙 ] 2025大阪万博開催決定!


                    先週末は2025年大阪万博開催決定のニュースが列島を駆け抜けましたね。

                     

                    大規模な万博としては05年の愛知以来で、大阪では1970年以来55年ぶりの開催となるそうです。

                    (にっぽん折り紙:27. 大阪 たこやき)

                    たことたこやきが可愛くデザインされています♪

                     

                    万博とは国際博覧会のことで、複数の国が参加する博覧会のことです。

                     

                    25年万博のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。人工知能(AI)や仮想現実(VR)などの体験ができる「最先端技術の実験場」とするコンセプトを掲げています。開催期間は5月3日〜11月3日の185日間。会場となるのは、大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)です。

                    (画像は万博HPより:https://www.expo2025-osaka-japan.jp/overview/

                     

                    万博と聞くと、三波春夫が歌う「こんにちは、こんにちは〜♪」の『世界の国からこんにちは』の音楽に、岡本太郎の「太陽の塔」が思い浮かび、高度経済成長期を象徴とする鮮烈な印象を残しています。当時の映像が流れると、活気や勢い、次世代への期待が伝わってきます。

                     

                    2025年の万博も未来への希望が持てるような催しになってほしいと願います。また、訪れる世界の人たちが大阪の名物、たこやきやお好み焼き、そして関西の風土も存分に楽しんでいってほしいです♪

                     

                     

                    にっぽん折り紙

                     

                    47都道府県をデザインした可愛い折り紙です。内容は47都道府県と富士山の折り紙。さて、あなたの県はどんなデザインでしょう?詳細とお求めはこちら

                     

                     

                    JUGEMテーマ:大阪


                    0

                      角皿(ご当地) ] 空前の焼き芋ブーム!


                       

                      今年はNHK大河では「西郷どん」、そして専門店ができるなど空前の焼き芋ブームで、サツマイモの健康効果が注目を集めるなど、鹿児島にゆかりがあるものが話題にのぼりました。

                      角皿(ご当地):46鹿児島県 鹿児島名物)

                      桜島に、薩摩芋、黒豚など鹿児島県が色とりどりに可愛いくデザインされています。

                       

                       

                      最近ではスーパーにも焼き芋の機械が置いてあるのをよく見かけます。

                      筆者の地域では、「や〜きいも〜、石焼〜きいも〜、おいも〜♪」と焼き芋屋さんの移動販売が復活しました。

                       

                      これも焼き芋ブームのせい?

                      サツマイモは1600年ごろ、中国から日本にやってきました。

                      琉球から薩摩(今の鹿児島県)に伝わったので、薩摩芋(サツマイモ)とよばれるそうです。

                      今日さつまいもの生産量一位は鹿児島県。(農林水産省より

                       

                      サツマイモは食物繊維だけではなく、ビタミンCも豊富で、血糖値も上がりにくいためダイエットや健康にも良いそうです。

                      生産者の方々の創意工夫で、近年は甘さや食感・風味など好みのものをより選べるようになり、品種が豊かになりました。

                       

                      冬の風物詩の焼き芋。

                      寒い日にアツアツの焼きたてを今年はいかがでしょう?

                       

                       

                      角皿(ご当地)

                      47都道府県をデザインした可愛い折り紙「にっぽん折り紙」が角皿になりました!47都道府県と富士山柄。さて、あなたの県はどんなデザインでしょう?角皿は撥水加工を施した紙のお皿です。

                      5点以上お求めの方には20%オフとさせていただく“まとめ買い対応商品”です!詳細とお求めはこちらより。

                       

                       


                      top << | 1 2 3 4 5 | >> last

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      latest entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode